他では味わえない醍醐味!”お寺+キャンプ”魅惑の寺ンピング!!

パワースポット体験

それぞれの弱点

こんにちは!お寺の境内にテントを張らせていただき、ご奉仕活動(掃除)をさせて頂く『寺ンピング』体験。思い思いの場所をお借りして設営が完了。デイキャンプを楽しんだcontigoコンティーゴ・デザイン主宰の床津恵子さんをお見送りした涼子さんと筆者は、林住職の夕方のお経をBGMに夕食準備。自然豊かな境内で囲む食卓に会話も弾み、「星がキレイ!」「あ!ホタル~」「うっわ!蜘蛛っっ」
冷静でほがらかな涼子さんの意外な一面に笑ったのでした。(前回の記事はこちら
そこから”実はニガテ”な話になって…。ニガテだっていいじゃない、人間だもの。僧侶と心理カウンセラーに親近感を覚える夜が更けゆく寺ンピング体験最終話、スタートです。

この記事を書いた人はこんな人
北川涼子さん

旅の案内人のご紹介
北川涼子さん:officeグラマライズ主宰。心理カウンセリングとボディケア両面から心身同時に調律を行う施術が人気のセラピスト。魅力調律師として一人ひとりに寄り添った『本来の個性や魅力を活かして豊かさにつなげるコンサルティング』は高リピ率を誇る。また著書『大好きな人と世界一幸せな恋愛をする!』は4刷実売1万部を超える。【成熟した大人でありながら自由さも兼ね備えた地に足のついた魅力的な大人を増やす】を自身の活動テーマに掲げ、多彩なセッションを開催している。

※米国NLP協会認定マスタープラクティショナー、STR素質適応理論STRコミュニケーション協会認定STRコミュニケーションアドバイザー、タナスエ療法士、太元霊気 奥伝修了

北川涼子さんのサイトはこちら

色々あるよね、言う程ではないアレなコト。

「ぅえぁっ!」と小さくのけ反る涼子さんの視線の先に小さい蜘蛛。「あかんねん~」
いやぁ、わかる!わかりますよ。私は断ッ然、蜂です。
もう体が勝手に誤作動する程の拒絶反応なので、理屈ではないコトってあるよね~って思うのです。(※ちなみに、蜘蛛は得意じゃないけど蜂よりは平気なので筆者が遠くへポイしました。)
そんな私達に林住職も、山に住んでるけど実はニガテなものがあると話してくれました。

「蝶々、ニガテなんですよ。(キモチワルイ…)」
キャアって固まるコトはないけど内心「ぅっわw」って思ってしまうそうで(笑)。
スズメバチだろうと基本的にNo殺生で向き合ってるから生物全般OKなのかと思ったので意外!様々なライセンスを有する心理カウンセラーも修行を積み住職を務める禅僧も人間味のある一面があるのねぇ。感性って人それぞれなのね。ニガテが分散してて良かったね。とホクホク思ったのでした。

魅惑のチキンラーメン(←林住職に買ってもらった)もすっかり平らげ、夜も更けてきたのでそろそろ。「実はまだ仕事があるんですよ。」とご住職。深い時間までお疲れ様です。
とっぷり陽が沈むとやはり少し冷えてきました。
「寒いと寝られへんから、背中や足の甲にカイロ貼っとくとだいぶ違うで。
・・・カイロ忘れた・・・。(チーンッ)

準備の時に、リストにも明記され口頭でもカイロは持ってきた方が良いとアドバイス貰ってたのにスッカリ忘れてました。自分の分のカイロを差し出そうとする涼子さんに「自分、カイロ無しでいって(逝って?)みるッス。何事も体験ッスから」と華麗にフラグをたてる筆者に、「この季節なら死なんやろ(汗)」と気温計を見る涼子さん。「この扉開くと室内入れるので(汗)」と戻りかけた足を止めて教えてくれるご住職。ポンコツでごめんなさい。ありがとう。ヤモリも機敏に動いてるから大丈夫…だと思う。おやすみなさい。

ものすごい臨場感でお経を浴びる朝6時。お日様って、あったけぇ…(合掌)。
完全に脱力状態で大地に体を預けて聞くお経って、なかなか気持ちが良いナ。リラ~ックス。無心に~…無……コーヒー飲みたい。あーコーヒー飲みたいナぁ!(モゾッ)
「熱いコーヒーが飲みたいイ!」起床します。

「寝れた?寒さ大丈夫だった?」ニコニコと涼子さん。朝食準備中です。「キツイんちゃうかと思って何度か気温みてたんやけど、ギリ平気そうやな~って。」ヤバかったら声かけようと実は気にかけてくれてた事を知って朝からほっこり嬉しい。(心配かけんなや)
で、実際どうだったかというと、「さぶッ」となったのだけど、寝袋の底の方に詰まってみたらぐっすり寝れたという獣系の対処法で乗り越えておりました。

昨夜のチーズフォンデュとサラダと、使用を控えたトマトジュースでミネストローネスープを。ハムとスライスチーズを挟んだホットサンドと一緒に三人で「いただきまぁ~す!」
うまい。食材を上手に変身させて満足な朝ごはんです。
山の朝の空気。このひとときを味わう贅沢。なんかいいよな。
「あ…。」
ご住職の小声に振り向くと視線の先にチョウチョ(笑)
さて、広げた荷物をまとめましょうか(笑)

無くてもいいけど、これ便利やで。

ちょっとのストレスがグッと減る、おススメグッズを聞いてみました。まずはコンパクトなチリトリほうきセット。入口や室内に入ってしまった砂埃などをササッとキレイにできて快適!これでキャンプのザラザラ感が激減します。
写真右下の白いボトルはエアポンプ。寝袋の下に敷くエアマットの空気入れ・空気抜きもスマートに!かさばらないしホッペも疲れません。
写真左下は折りたためる補助マット。場所によってはエアマットだけだと心もとない場合も。そんなときに更に一枚敷く事でゴツゴツ&寒さ解消。寝袋下に限らず何かと便利に使えるのでスペースに余力があればぜひ持っていきたいオススメアイテムです。
安全のための焚火シートなど、キャンプ初心者は失念しがちなアイテムはもちろんですが、それだけでなく、自分の快適グッズもプラスする事でキャンプ時間がより楽しく豊かなものに!ぜひ参考にしてみてくださいネ。

しみ’S memo

安全な水と安心なトイレ

海キャン山キャン、環境は色々あれど、キャンプに行くと、蛇口を捻ればキレイな水が出て、文明的なトイレが使えるという状況の有難さをいつも感じます。そしてお風呂の気持ちよさも。

今回は、お寺の境内という安心感にプラスして、清潔なトイレ水道を使わせていただきました。明かりのある清潔なトイレというだけで夜も億劫になりません。重たい水を確保する手間もありません。
使わないに越したこと無いが、カイロを忘れて極寒になったら「タスケテくだせぇ~」と泣きつけるセーフティーネットまである!

筆者はポンコツなくせに向こう見ずなキャンプも好きで、トイレが使いたければ崖を登って獣道を数分行かなきゃ無いという山の中で過ごしたコトがあります。(死ぬかと思った)
こういう”何もない”経験は人生の解釈を豊かにしてくれるし、受け入れてくれた自然を傷つけないように撤収するという事が実感として思えるでしょう。

同じく、今回のように人様のフィールドをお借りするキャンプもまた、恩恵に感謝できる貴重な体験で、「安全な水が気軽に使える」「安心なトイレがある」ってスゴイよな。と日常の豊かさを感じる機会となります。

有難い。アリガタイからこそ、利用者がマナーを守って全方向に嬉しい状況を保つ事が大切なのだなぁと感じるのでした。

虫ッ 蒸しッ 無心にむしりそうらえ

撤収の荷造りもひと段落ついたところで、感謝のご奉仕活動開始。
ご住職一人では管理が大変であろう豊かな庭。生命力が半端ない。
軍手とバケツと鎌をお借りして颯爽と庭に入ると、我々の襲来にカエルの悲鳴。虫の襲来に筆者の悲鳴。水辺で蒸しても無心でむしる草むしり瞑想を堪能させていただく。

そこへ涼子さんのキャンプ仲間であり、林住職の先輩でもある某お寺ご住職も加わり庭木のお手入れも。こうして少しづつ助け合って成り立ってるのですね。すてき。
縁側で林住職が入れてくれたお茶とお茶菓子を頂きながら、お二方の修行体験を聞いてノリの差に驚く。その差の根源は宗派なの?師なの?どっちもなのか?
また少し、お坊さんという方々に親近感を感じたのでした。

のんびりしてると「山椒を分けていただきに来ました。」というお客様が来訪。一緒にお茶を頂きつつ一期一会の会話を楽しみ、お見送りしたあと、我々も放置という名の無農薬な山椒と松葉を分けて頂きそろそろお開きに。(もちろん、心ばかりのお布施もさせて頂きましたヨ!)
一泊二日の寺ンピングでしたが、ステキな出会いと貴重な体験がたくさん詰まった思い出深いキャンプ体験になりました。いわゆるパワースポット巡りでは得られないものばかり。この体験を主宰してくれた涼子さん、受け入れてくれた林住職、初日に一緒に過ごしてくれた恵子さん、本当にありがとうございました。
後に、ここでの出会いがキッカケとなり、恵子さんは当社から御朱印帳を出版!(このイラストがキッカケ!)人生は面白いものです。

なんと、帰り道は涼子さんのキャンプ仲間で林住職の先輩が途中まで車で送ってくれる事に。ありがとうございます!荷物を詰め込み、後部座席に落ち着いたところで、見送ってくださる林住職に手を振って出発~。
帰りの車の思い出は…阪神タイガースとトップガン。。。涼子姐さんもかなりオモロイ方なのですが、ご住職もま~オモロイお方で、二人の関西弁の応酬ったら(笑)
おそらくお二人にすれば、なんのこっちゃない日常会話なのでしょうが、筆者にはネタを聞いてるような感じで、ビュンビュンと飛んで行く高速の景色を見ながらトップガンのサントラをBGMにトップガンの魅力談義に笑い、誇りをかけて、飛ぶ…かのごとくあっという間に目的地に着いたのでした。

あ~面白かった。色んな意味で濃い旅路となりました。
それでは、次回の企画もお楽しみに!

古都を旅する御朱印帳

清水直子

3,640 views

たまふり屋スタッフの一人。デザイン部所属。台風を伴う雨女。 / 好きなモノ・コト / 本(文学~なろう、漫画 なんでもOKな雑食)。ゲーム(特にTRPG、フ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA