◆その13~ムスビの力

陰陽師-穂積天佑のコラム

 我が国最古の古典の一つ「古事記」の冒頭に、「天地の始まった時、高天原(たかまのはら)にお生まれになられた神の御名は、天(あめの)御中主(みなかぬしの)神(かみ)、次に、高(たか)御産(みむ)巣(す)日(びの)神(かみ)、次に神産(かみむ)巣(す)日(ひの)神(かみ)、此の三神は、独(ひとり)神(がみ)にして、隠身であらせられる」との記載があります。

 ここで注目すべきことは、タカミムスビノ神、カミムスビノ神のお名前にあるところの「ムスビ」という言葉です。この意味するところは、「産す(むす)日(ひ)(陽)」、わかりやすく申しますと、「太陽から生まれ出た力(パワー)」なのです。

 天の太陽からふりそそぐ太陽光線により、大地には草木の芽が出て、やがて花が咲き、森が育ち、また、鳥、獣、そして、私たち人間も日々、成長、生長してゆく……。

 そうしたことを司るのが「ムスビの力」であり、太陽の偉大なるチカラとつながっている=ムスバレテイル、ということをも表しています。

 私たちは「ムスビ」という大いなるチカラに、守護されているのです。

あまのはら むすびのかみの みいつにて
           あれらひとくさ まもらるるなり

(天の原 産巣日の神の 御稜威にて 吾等人草 守らるるなり)

穂積天佑

2,760 views

先祖である穂積濃美麻呂が陰陽道の祖である役行者(えんのぎょうじゃ)より陰陽の秘法を授けられ、また同じく師の先祖となる菅原宮内少輔道景は、あの平安時代の大陰陽...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA