サムハラ神社 奥の宮 参拝とフトマニ御神事体験 #03

パワースポット体験

フトマニ ダカラ デキルコト

お久しぶりです!
巻き込まれ型スピリチュアリスト、たまふり屋スタッフの清水です。
先日「もっと短くていいから細かくアップして欲しい」というご意見をいただきました。ページがぶつ切りになってもネタを小出しでマメに出た方が読みやすいですかね?どうでしょう・・?
さっそく、今回も岡山県にある有名なパワースポット「サムラハ神社奥の院」でのフトマニ神事体験談の続きを綴らせて頂きます。

この記事を書いた人はこんな人

前回のお話 > 言霊や古代文字を研究しておられる水谷哲朗さん(以下あっきー)著のフトマニカード(※詳細はこちら)の発売を記念し、日本屈指のパワースポット「サムハラ神社」参拝を済ませた一行は、本来の目的である「言霊を寿ぐ御神事」を行うため、展望台のある丘へ登ったのでした。
フトマニ御神事とはいかなるものか。。いざ始まるや、神からの歓迎の合図を目撃。体の調律という不思議体験。全員でイキを合わせた言霊…独特なプログラムでめでたしめでたし、、では終わらなかったのでした。。。(※前回の記事はこちら

え?どっち?こっち行けるの? 奥の…細っそ道

「じゃぁ、移動しよか~」の合図とともにぞろぞろと丘を下る一行。どこ行くの?まだあるの?何やんの?と聞いても”ふんわり”しているのでよくわからずw。とにかくついていきます。
金毘羅神社脇の分岐に戻り、こんどは右側の山道を直進します。特に案内板は無いですがここが旧奥の宮に繋がる山道です。道は普通の山道で、知らなかったら地元の人用の裏道かな?くらいな感じです。
そんな山道を信じて進むと、突如視界が開け、存在感のある大きな石と開けた空間。ここが旧サムハラ奥の院(跡地)になります!

かつて、サムハラ奥の院には怖い噂の元となった事件(一度お宮を撤去した経緯)がありました。(※詳しくは体験談#01へ)現在のお社は新しいもので、この場所は遷宮前の元祖聖地という事です。知らなければ見逃してしまいそうな佇まいです。成人一人分の幅の階段(登ろうとおもうとちょっと気合がいる高さ…)の先に小さなお社がありますが、今は近くまで寄ることができません。

そして、この場所。一番最初にパワーを頂いたあの場所に繋がってます。石の階段をひたすら登って途中で立ち寄った「え?ここデスカ?」ってパワースポットです。(※詳しくは体験談#01へ)
あの場所(この写真の場所)の奥にこの旧奥の院があり、かつての正中(※1)があるからその方向に向かって手を合わせていたのですね~。なるほどなるほど。現在通行止めの訳もここでスッキリです。
(※1)参道の中心。

しみ’S memo

秘境に行くなら太陽を見て!

やはりここまで来たのだから、元祖聖地をお参りしたいと思いますよね!
ここで抑えておきたいポイントをひとつ。
山だから。陽の角度を見てスケジュールを!
旧奥の院の周囲を見渡すと鬱蒼とした木々に囲まれており、道は更に先へと伸びています。とにかく一部広がり、また細道が続く。街灯はなく道も舗装もされていません。決して自然光が届かない訳ではないですし、未舗装とはいえそれなりに踏み固められており、それほど難儀な道ではありません。が!やはり山なので、陽が傾き始めたら暗くなるのは早いです。
暗くなってからの帰路は難易度が爆上がりだと思われますので、自己責任で、出来れば余裕をもったスケジュールでご参拝されることをお勧めします。

ところで…フトマニってナニするの?

この旧社まで赴いた目的は、この地におられる龍神様にご挨拶をし、フトマニで「今必要なメッセージ」を戴くというメインイベントなのでした!
…と、ここで説明が必要かと思いますので、このフトマニやらヲシテ文字の特徴と面白さについて、私なりの軽めの説明をさせていただきます。(サムハラ竜王については、あっきーさんのブログでも触れていますのでそちらでぜひ♪)

フトマニとは「太(ふと)占(まに)」。古代から伝わるご神託を戴く方法であり、そこに使われる神代文字がヲシテ文字という文字です。
このヲシテ文字は、表音文字であり、表意文字でもあり、音霊としての物語もあるという立体構造になっており、一文字だけでも多角的なメッセージが受け取れます。また文字と文字が合わさると、各文字の神託+単語としてメッセージが出てきたりするシンクロも起こりやすい面白い構造になっています。
…といってもイメージしづらいですよね?
私の名前を使ってヲシテ文字の特性を説明するとこうなります。

私の名前「清水直子」は漢字で捉えると、「きれいな水」+「すなおな子」って意味が考えられます。愚直な子とかもありますね。では、ヲシテ文字で分解してみるとどうなるか。

※—(性質)/(言霊に含まれた運命の指針となるメッセージ)
(シ)—示し示され/天の思し召しにより、より良き流れに導かれている。
(ミ)—満ちる、実体化/実という見えないチカラが存在している。
(ス)—進む、素直/好きな事を素直に楽しむ。体験を味わいながら進もう。
(ナ)—繰り返して成就/失敗や経験を繰り返し成就する。
(オ)—親しみ、思いやり/信頼関係を築く程に中央にチカラ集まる。
(コ)—個性の発揮/自分の「限界」を突破する事で新しい景色が見える。
<これは各文字に含まれた要素のごく一部です>

この名前に含まれた文字ひとつひとつのメッセージを繋ぎ合わせ文章に綴りなおすと、画像のような意味が出てきます。(あっきーさんによるリーディング)
私の個性(名)は『示し示され 満ち満ちて 素 直に花ひらき 思いやりあふれ ユニークな個性を発揮』するという魂のテーマを持った人。ということです。
どうですか?ちょっと興味出てきましたか?自分の名前にはどんな物語が隠れているのか知りたくなりませんか? ヲシテ文字について、もっと専門的に知りたい方はぜひあっきーさんのブログへ!

このヲシテ文字の特性を活かしてご神託を賜るのが太占(フトマニ)なのです。「今必要な気づきをください」とか「〇〇するにはどうしたらいいですか?」とか迷うたびに、現代人の我々、鹿の骨とか燃やしたり仰々しい事できないですよね、色んな意味でw。なのでタロットカード化してスマートに楽しめるようにしたのがこのフトマニカードという、、説明が実に長かったですねぇ。

聞き方(引き方)は色々あります。今回この地では輪になって一人一枚引きました。「今必要なメッセージをください」として届いた一文字にこめられたメッセージを紐解きます。ドキっとした方も、やはり・・と得心した方も、それぞれに噛みしめていたのが印象的でした。しばしの静寂。
その後、「何が出た?」と見せ合うココがヲシテ文字の醍醐味です。
文字と文字を引き合わせると、人と人がくっついて言葉が出てくるという。「コア」とか「カワ」とか、「アイになるやん~」などと盛り上がりました。写真中央の「ホノコ」とは、瀬織津姫という女神の斎名です。結構スゴイんですが、ちょっとマニアックですね~。

”縁”もたけなわ

いかがでしたか? 聖地へ赴き、五感を使って六感を刺激する体験ツアー
更なる山奥で輪になって大の大人が解読不能なカードを片手にペア探ししてるさまは、異様極まりない光景だったと思うのですがw、キーワードを発見した時のワクワク感は童心そのもの。とても楽しかったし、心の距離もグッと近づいて、とても貴重な体験とご縁になりました。
サムハラ神社という聖地と、フトマニという古代の叡智に感謝をし、このツアーを締めくくります。
ありがとうございました。

後日談

あっきーから完成したばかりのフトマニカードが届きました。ツアーをご一緒した瑠璃さんの人柄そのままのようなデザインの淡くキレイな色彩が印象的。折々で気づいたときに引いてみると、たまにドキっとするような単語が出てきたりして、ホントに飽きません。
フトマニはとても奥深い。その深みを出しているのがヲシテ文字の立体構造だと思うと古の叡智の素晴らしさに感動を覚えます。

そうそう、占いを気軽に体験してみたい方はWEBでもサクっと引けますよ!

当たると評判 フトマニ占い

フトマニカードは2/22にamazonで発売されるそうで、無料プレゼント企画もされてるそうです。ご興味のある方はこちらもどうぞ。

フトマニカード予約特典

聖地でパワーを頂いたり、古の叡智に背中を押してもらったり、人の中でも、自然の中でも今の自分にフィットしたやり方でパワーチャージできたらステキです。この記事が少しでもあなたのお役にたちますように。

清水直子

939 views

たまふり屋スタッフの一人。デザイン部所属。台風を伴う雨女。 / 好きなモノ・コト / 本(文学~なろう、漫画 なんでもOKな雑食)。ゲーム(特にTRPG、フ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA