金運ザクザク!大阪 えびす・だいこく両社詣 #02

パワスポ体験 第3弾
パワースポット体験

これナニ?知らんっ!DEEP大阪

こんにちは!のんびりペースで更新中のパワスポ体験記。前回は、大阪浪速区の十日戎で賑わう『恵比寿・大黒 両社詣』の1社目、大国町にある『敷津松之宮 大国主神社』(しきつまつのみや・おおくにぬしじんじゃ)をご紹介しました。(前回の記事はこちら

今回は”大黒さん・えべっさん、両方詣でて両社詣り”の恵比寿様に向かいます。徒歩10~15分ほどの距離を、年末の冷たいビル風に吹かれながら、頭の中を揚げたての串カツでいっぱいにした二人が見た金運祈願の念押しの作法とは?!

この記事を書いた人はこんな人

旅の案内人のご紹介
yuki☆さん:様々なシンギングボウルを使った倍音音浴が人気。コラボ企画の「ドット曼荼羅+倍音音浴」や「森歩きとシンギングボウル」など不定期開催のイベントは即満席の人気プログラム。またパワーストーンを使ったヒーリングやカードリーディングも得意。新月と満月の瞑想会は大阪市内で定期開催。さらに、医療従事者向けの心身を癒すヒーリングプログラムを展開予定。

※<シンギングボウル、キネシオロジー、エンジェル気功etc> 倍音音浴、個人セラピー、コラボイベント etc

笑いあり!色気あり!商工都市の福の神

さて、大国主神社鳥居を背に大通りを渡り、ゆるゆると通天閣方面に向かいます。それほど距離が無いのでおしゃべりしていればすぐに着いてしまいます。
道すがら、大阪に来てからずっと気になっていた事をyuki☆ちゃんにふと聞いてみました。

「大阪の自販機って、安くない?!定価の自販機の方が珍しいよね。何で?」
「高かったら買わへんやん。え?何で?!」(質問の意図がわからない)
「え?」(そうだけど、そうなの?!)

ものすごくシンプルな回答だけに、なぜだか衝撃を隠せない筆者でした。
そして、”何でこんな当たり前の事聞くんやろこの子”っていう残念な目でこっちを見るのヤメテ。
そんなワケで、徒歩10分程度の道のりをビル風に吹かれながら、「こっちの自販機が100円で、こっちが150円やったらな?ほなあっちで買お~ってなるやろ?普通やん、だから~(割愛)」とお買い物感覚について講釈をうけつつ、商売繫盛・事業繁栄の今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ)に乗り込むことになったのでした。。。

市場・花街…大阪の活気を見守り続けるえべっさん

ビルに囲まれた商売繫盛のお社は、鳥居をくぐって右手に大国社、左に社務所、正面に”えべっさん”の本殿が。さらに境内右手奥に進むと東北門の前に稲荷社があります。
大阪で商売繁盛といえば”今宮戎(いまみやえびす)”というだけあって、本殿にお祀りされているのは戎さまこと事代主命(ことしろぬしのみこと)と、イザナギの三貴子である天照大御神、素戔嗚尊、月讀尊。そして稚日女尊(わかひるめのみこと)です。

時短の両社巡りを希望の方にもやさしい、一社をぐるりと巡ればあらゆるご利益を頂けるシステム。さっそく社務所で縁起物の「恵比寿大黒天」を発見しました。こちらの恵比寿大黒天は木肌のままのナチュラル仕様ですね。この今宮戎神社は『日本三大えびす神社』のひとつで、お正月はおよそ5万人、十日戎には驚きの約100万人の参拝客で賑わいます。その賑わいっぷりの歴史は古く、かつて旦那衆が芸妓を乗せた籠を繰出し派手に参拝した様が名物となり宝恵籠の奉納となったなど景気よく派手!陽気な大阪気質を今に伝えます。

しみ’S memo

稚日女尊…って…そうなの?!

筆者が御祭神を見て「?」だったのは稚日女尊…でした。ごめんなさい、どちら様?って事です。
yuki☆ちゃんが「あ~!稚日女尊さんやん!うちご縁あんねんっ」とキラキラして言うので、どんな神か聞いたのだけど「よぅ~知らん」とキッパリ。(オイっ)
戎神社なので事代主命は納得。その他の神は、超エリート三兄弟です。そこにメンバー入りしている稚日女尊っていったい何者?!という事で、調べました。ええ、自分でっ。

古事記でも割と有名なエピソード「アマテラス、色々嫌になっちゃって岩屋戸に引き籠り事件」のキーパーソン(というかGoddes)が、実は稚日女尊なのです。
色々嫌になっちゃった原因を乱暴に説明しますと、姉アマテラスの勘違いでギクシャクしたけれど、疑念が晴れて一安心!と気分アゲアゲになったスサノオが、天界を散歩していた時、神衣の機織りをしている処を見つけて、(何故か)馬の皮を逆剥ぎにして機織り部屋に放り込むという笑えないイタズラをやらかし、そこで機を織っていた天の服織女が死亡するという事件が起こります。
素行の悪さから悪意を疑われギクシャクしたのに、何でやっちゃったのよ!と問いただしたいところではありますが…。

で、その事件に巻き込まれた天の服織女というのが稚日女尊なのだそうです。(今同居してますけど、謝罪してもらったのでしょうか…)
そして、その事件を知ったアマテラスは、岩屋戸に引き籠って天界も地上も大パニックに~という神話らしい神々トンデモエピソードに続いていくのです。

この稚日女尊については、その他の説として、アマテラスの幼名または妹神という説(アマテラス=大日女尊)、和歌の女神である和歌姫の婚前の名であるとする異説があります。
いずれにせよ、機織りや和歌を嗜む女子力の高いクリエイターなのだろうと筆者は思いました。

念押しの一撃に込める「ホンマ頼むわぁ」

前回ご紹介した大国主神社に行ったら「種銭」が名物。今回の今宮戎神社で有名な縁起物といえば、十日戎の3日間に出る「福笹」が名物!商売繫盛を願って100万人が訪れるお目当てがコレです。様々な縁起物を模した煌びやかな飾りを、軸となる笹に結んでもらって出来上がり!一年経ったら感謝を込めて古札と一緒に神社に返納します。

本殿の裏手に回ってみると、真裏の中央に立派な賽銭箱と両側を挟むように銀色の丸いナニカを発見。「コレ何?」と尋ねる私に「なんやろ?」とyuki☆ちゃん。「面白い」「かわいい」「美味しい」が正義のyuki☆ちゃん、細かい事は気にしません。
神社といえば鏡を据えるので…神鏡?にしてはアウトドアすぎっていうか、剥き出し過ぎ…これはいったい??
と思っていたら、グループで参拝に来た方がその銀の巨大な鏡のようなものをガンガンガンっと叩いたのでした。
「ぇえー---っ!」(鏡だと思ってたのでビックリ2割増し)
ビックリしてるのは筆者とyuki☆ちゃんだけ。
それもそのはず、これは公式ホームページでも紹介されてる裏参りというお作法。本殿の表でお参りをしたら、裏へ回って念押しの祈願をするのが、いつのころからか大阪庶民で当たり前に。裏の方が神様に近い(物理距離)こともあり回るようになったとか、ただ単に帰り道がこちらが近かったとか。そしてナゾの銀板の正体は『銅鑼(どら)』です。表で鈴を鳴らすように、裏では銅鑼を叩いて「聞いてー-」とアピるのです。ちゃっかりした大阪商人の気質が感じられる裏参り。「えべっさんは耳が悪いわけではございません。」(公式)との事で、大声を出す必要はないそうです。
「なぁ~んで知らないのよ~」とyuki☆ちゃんに言えば、食い気味に「尼やけどナっ」と言われるお決まりをキメます。

また、この神社の年間行事が面白い!「福娘」なるミスコンや、夏にゲレンデ出現の「こどもえびす」、昭和55年から続く「今宮戎マンザイ新人コンクール」もいかにも大阪っ。歴代受賞者にはダウンタウンやナインティ・ナインやミルクボーイなど有名な芸人さんの名前が!パワースポットでお笑いライブとか必見っっと思ったのですが、昨年(2021年)はコロナの影響で中止に。今年は開催できるのでしょうか?ちなみに、筆者が好きな芸人はTHE GEESE(ザ・ギース)です!(関東~っ)

今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ)

商工都市として大きく発展してきた大阪の街を古くから見守る商売繁盛の神様として人気のスポット。大阪七福神巡りの恵比寿。恵比寿大黒両社詣として、大国主神社と一緒にお参りする民間信仰も盛んです。青々とした笹に、美人の福娘に縁起物を結んでもらう福笹が縁起物として有名です。最近は福娘に外国人枠も出来たそう。

御祭神 事代主命・天照大御神・月讀尊・素戔嗚尊・稚日女尊
住所 大阪府大阪市浪速区恵美須西1丁目6番10号
最寄り駅:地下鉄御堂筋線大国町駅3番出口より東へ徒歩5分
地下鉄堺筋線恵美須町駅5番出口より西へ徒歩5分
駐車場:なし
拝観時間 9:00~17:00
公式HPhttps://www.imamiya-ebisu.jp/
tel:06-6643-0150

恵比寿と大黒天コンプリートのその次は?

「おもろいなぁ。知らんかったこと色々知れて面白いわぁ。」
そう言って頂けて嬉しい…とyuki☆ちゃんに伝える間も無く
「あのなぁ?もう一か所案内したい場所あんねん。大国主といえば相棒の少彦名(すくなひこな)やん。そこな、神農さんゆうてな、張子の虎と疫病退散で有名やねん。寅年やからええと思うねん。」
確かに!のび太といえばドラえもん、大国主といえば少彦名!
「すぐ近くに新世界あるから、その辺で串カツ食べて…その前にトイレ行きたいねん。近くにトイレあるかなぁ?駅、、通天閣の方がええか。トイレがなぁ~(割愛)」
yuki☆ちゃん、少彦名 < トイレ(笑)
噂の通天閣周辺にいよいよ潜入、楽しみです。

いかがでしたか?恵比寿大黒両社詣で金運爆上げツアー2箇所目!裏参りでは派手に銅鑼を鳴らして大き目な念押し(笑)楽しく陽気にちゃっかりと!大店の旦那衆の遊び心から始まった芸妓の籠は、庶民の目を楽しませ大盛り上がり!それが今に続く恒例行事に☆
楽しみ上手な大阪人の心意気がとても伝わるパワースポットだなぁ~と感心しきりの筆者にyuki☆ちゃんがいたずらな顔してささやきます。

「あのな、新世界にな、めっちゃ怪しいエロいガチャガチャがあんねん。
いらねぇー----!!

次回は、ヒョウ柄も大正ロマンもありまんねんです!
ふり幅ぁ~!(※いちいちパンチが効いてて情報が渋滞中の千葉県民)

清水直子

3,102 views

たまふり屋スタッフの一人。デザイン部所属。台風を伴う雨女。 / 好きなモノ・コト / 本(文学~なろう、漫画 なんでもOKな雑食)。ゲーム(特にTRPG、フ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA