◆その68~輝かしい未来へ進むための秘法 

陰陽師-穂積天佑のコラム

 人は誰でも、輝かしい未来へと歩んでゆきたいものです。

 そのためには、過去を振り返る事があっても過去にとらわれず、また、過去を追い掛けない事が第一歩となります。

 また“過去”には、過去に起きた出来事だけでなく、過去の人間関係も含まれます。

 それに付随して、常に話題が過去形の方とは距離を置く事。仕事でもプライベートでも、そのような方とのお付き合いは、未来へ進もうとする時、障害が起きやすいものです。

 極端な例ですが、学生時代の同窓会も、仕事バリバリ世代の時には不要だと思います。私など、ほとんど出席した事は無く、たまに出席しても、「楽しかった! タメになった!」という記憶はありません。

 そして、輝かしい未来へと進むために一番必要なものは、“実りある人間関係”です。

 そんな人間関係を手に入れるためには、相手の事を事前に調べ、近付いて会話する場面をシミュレーションしておく事!!

 そして果敢にその機会を見付け、機会に恵まれた折には、勇気を持って一歩前へ出る。そして“言霊を大切に”、簡潔な自己紹介と、神社の“お神輿(みこし)”宜しく「相手をヨイショする!!」言の葉を一言、付け加える!!

 「〇〇さん、こんにちは。私、△△と申します。〇〇さん、IT関連のお仕事をされているそうですが、まさに時代の最先端、とても尊敬してます!!」とか、

 「○○さん、私、△△と申します。○○さんの書かれた御本、何冊も読ませて頂いています。色々学ばせて頂き、気付かせて頂き、感謝します!!」とかネ!!

 要は少し、図々しく、押しを強く、心掛ける事!!

 私はこの事を実践した“お蔭”で、普段なかなかお近付きになれない方や、テレビの画面でしか拝見した事のない方とお近付きになったり、お友達になって悩み事を打ち明けられたり、またその関係が仕事にも“活きた”事が多くあります。

 まとめに、輝かしい未来へと進むための“心の持ち方”として、「何時(いつ)か○○をする、何時の日か○○になる!」ではなく、「私は○○をしつつある、私は○○になりつつある!」と、自分に言い聞かせる事!!

 ここに、輝かしい未来へと進みゆくあなた様に、霊験あらたかな神歌をお教えします。

  「その(うへ)の うかりし(こと)の (わす)られて

   (あふ)うれしさぞ ()にあまりぬる」

 このお歌を、一日一回お唱えになってみてください。神々は、あなた様を、大いなる未来へと導いてくださる事でしょう!!

くらきより いはとあけぬる このときに

 あまつひかりは なれをみちびく (暗きより、岩戸開けぬる、この時に、天津光は、汝を導く)

穂積天佑

11,783 views

先祖である穂積濃美麻呂が陰陽道の祖である役行者(えんのぎょうじゃ)より陰陽の秘法を授けられ、また同じく師の先祖となる菅原宮内少輔道景は、あの平安時代の大陰陽...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA