◆その29~心機一転の運気

陰陽師-穂積天佑のコラム

 新しい物事が始まるとき、というものは、何か、とてもさわやかで、心が希望に満ちあふれているものです。

そんなときは、自分の身のまわりも、新しき物に取り替えますと、新しい運気が芽生えるものです。
例えば、新しい職場にお勤めするときには、新しい靴を用意されると良いのです。新鮮な気持ちで職場へと向かえますし、新しい職場で、素晴らしい出会いも待っています。

 また、新しい事業、商売を始めようとされるときには、新しいお財布を用意されると良いのです。その事業、商売が、順調に成長・発展されて、次々と金運が舞い込んでまいります。

 日常お召しになる衣服なども、五年以上着られていないものは、思い切って処分され、新しい衣服に取り替えられますと、お気持ちも入れ替えることができ、心身もすこやかになられ、「やる気パワー」がみなぎられて、お仕事も、お勉強も進展されます。

 心機一転のとき、新しきお品物は、新鮮な、良き運気を呼んでくれるのです。

あたらしき みしなそろへて ことはじむ
               うんぞひらくる もとゐなりけり

(新しき 御品揃えて 事始む 運ぞ開くる 基なりけり)

穂積天佑

3,574 views

先祖である穂積濃美麻呂が陰陽道の祖である役行者(えんのぎょうじゃ)より陰陽の秘法を授けられ、また同じく師の先祖となる菅原宮内少輔道景は、あの平安時代の大陰陽...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA